ボトックスエラの情報を確認しておく【抑制し小さくする効果】

咬筋を小さくして大顔改善

医者

角張った顔もほっそりと

小顔ではなく、角張った顔立ちのエラ張りの原因の多くは咬筋と呼ばれる筋肉が大きく膨らんでいることにあります。エラ張りのイメージというと顔の骨が出っ張っているイメージですが、実はそうとも限りません。人は食べ物を噛んだりする際に、咬筋と呼ばれる筋肉を使用しています。普通に食べたりする分にはそこまで大きく膨らむことはありませんが、食いしばりや歯ぎしりの癖がある人は、必要以上に咬筋を使ってしまい鍛えてしまっています。その結果、咬筋がぼこっと外側に出てしまいエラが張っているように見えてしまうでしょう。そんな筋肉の発達を抑えてくれるのがボトックス注射です。ボトックスは筋肉の動きを抑制し小さくする効果を持っています。その効果を咬筋に使用することで大きく膨らんだ咬筋を小さくしすっきりとさせることが出来るでしょう。エラが張っていると大顔に見えてします。また、左右の咬筋の使う頻度が異なれば、左右のバランスが違うエラ張りにもなってしまうでしょう。そんな左右のバランスもボトックス注射で整えることが出来ます。その為、きれいな輪郭をつくる為には、左右のバランスを見ながら注入量を微妙に調整していくことが大切でしょう。ボトックス注射は一度施術を受ければずっとその効果が続く訳ではありません。数ヵ月間の持続期間になりますが、高い効果を期待することが出来るので大変人気の施術です。また、ボトックス注射を何度か受ければ効果が残りやすくなり持続期間も伸びてくるので、定期的に施術を受けることをおすすめします。ボトックス注射は手軽に受けることが出来る施術として大変人気です。ただし施術を受ける際に注意しなければいけない点がいくつかあります。まずボトックス注射は簡単にエラ張りを改善することが出来ますが、即効性がある訳ではありません。施術直後から劇的な変化がある訳ではないので、すぐに効果が現れないから失敗だったのではないかと不安になる必要はありません。また、副作用が少ない施術ですが、まれに少しの痛みやエラ張りの施術の場合、口が開けづらいなど表情の違和感を覚える場合もあるかもしれません。大部分の副作用は一時的で時間の経過と共に改善されますが、日常生活に支障が出るなどの副作用が出ている場合は速やかにクリニックに相談しましょう。また、施術を受ける際はカウンセリングを有効活用することをおすすめします。カウンセリングでは実際の施術内容についてドクターと直接話しをする良い機会です。やはり施術を受ける場合多少なりとも不安を持っている人が多くいるので、その不安をしっかりカウンセリングの際に解消しましょう。不安があるまま施術を受けてしまえば、施術中に力が入ってしまう場合があります。余計なところに力を入れてしまうと内出血の原因にもなりかねないので、リラックスして施術を受けることが出来るように、聞きたいことはどんどんドクターに聞いてみましょう。エラが張っていると毒に女性にとっては悩みの原因となってしまう場合があります。セルフケアで改善出来れば良いのですが、エラ張りの場合はなかなか難しい部分があります。ぜひボトックス注射を受けて、自分では解決出来ないエラ張りの悩みを解消しましょう。

効果を大きくするには

看護師

ボトックスエラは薬剤を注入する量で効果の出方を調整できますが、最大量に近い量を入れることで小顔効果を大きくすることができます。そして、効果が切れる頃に繰り返し施術を受けると、効果を長く保てるようになってくるでしょう。

小顔になりたきゃ毒を使え

注射

ボトックスは、ボツリヌス菌の毒素にある麻痺作用を利用し、整形をする治療法です。小顔を妨げるエラが自然な形でなくせることや、初心者でも手を出しやすい手軽さであることから、とても人気があります。懸念事項の多くをクリアしていることも魅力です。

抑えたいポイントとは

女性

注入することで張り出したエラが小さくなる整形方法といえばボトックスエラ注射です。整形するときには経験豊富な医師や、口コミ評判の高い美容クリニックなどを探し、値段の安さだけでクリニックを決めるのは控えたほうが良いでしょう。